R&B是这样的!?

图片 1

19,21,25。三张如果认真听了,会觉得完全不同,19里有少女为赋新词强说愁的稚嫩与青涩,21里多了点感悟,确有特别真实,像每一个人的21岁,所以感动了很多人。25,可能没到25岁的人永远抱着一个自己永远21岁的梦吧。可能你到25岁时再听又是会不一样吧。还有,Adele成功的原因一直都是她的声线和她的真实,如果强把她和谁来做比较,你会死很早我告诉你。

通过同学听到陶吉吉的歌,便喜欢上了。
后来才知道R&B是着样的。
宮保雞丁..对女友的爱应该这样形容。
My Anata..多么欢快.
月亮代表谁的心……
我的?
你的?
他的?
谁的?

就感觉吧,听歌的脑中在想,这么些年的时光很短,真的很短,容易被淡忘,但是淡忘的会是什么?曾经,阳光的触须抚摸着每一张笑脸,幸福总是在滋养,过了,罢了,也许这会是人一生一世的停泊处,过了,罢了,那颗纤维状的心脏也在远离,担心,我总是在担心,走在蛛网零散的车站,看见你的侧脸,我们却如陌生人一样擦肩而过。这世上有千千万万的人,就会有千千万万种意义,关于生活,关于爱情,就像许多盘旋向前的轨道,偶尔的相遇,多数互不干扰。我们所拥的唯一共同的东西就是时光,在人生这漫长的荒芜的轨道上,慢慢成长,褪去青涩,有着被坚硬的信念所包裹的内心和从不为任何遭遇所动的坦荡。也唯有那种时刻,我们才能开始有生为人的明细的感悟。这感悟往往很复杂,一言难尽,往往很模糊,触手不及。但是潜藏在感悟之中,一定会出现一个温暖,恒久,美丽的影子,在每个夜深人静的时刻翩翩起舞,永远不会因为过于漫长而褪色斑驳。这种感觉太美好了,他叫做过往。也许不甜美,也许不完美,也许更多的是苦涩和错过,但是一切都无损他无邪的容颜。他是我青春里最执着的等待,他是我生命里最美丽的境况,他也是我心里最弱软的记忆。我想你,我唯一的想你,你来之前,我只能轻抚那些苍白的孤独。除了你,任何人都不能进入我的心房,我的记忆中你的每个姿势都随着时间远逝。你在哪?我如今只能在自己的世界里与自己共存。love
in the dark
是一种感受,阴冷,苦涩,但是又不能逃开。因为没一道光线投下,你承认,或者不承认,他就在那,不明,不暗。生老病死,怨憎会,爱别离,求不得,五蕴盛。每个人的生命,都会经历这些困扰,或多或少地。有多少故事,都是因为一点执念,最后不可收拾,覆水难收。

チャッチャッ チャチャチャ

图片 1

作词:ワカバ
作曲:ワカバ

「グズグズ(ぐずぐず)してたら置(お)いてかれんぞ
グルグル(ぐるぐる)时代(じだい)は回(まわ)ってるんだ」
「ちょっと くたびれちゃって
そんなにせかさないで」
「いやまだまだでしょ 弱(よわ)ったふりしたって
そうそう谁(だれ)も助(たす)けちゃくれないんだ」
「仆(ぼく)だってわかってる
やりたいことも迷(まよ)ってる」
360度见渡(どみわた)せば 近道(ちかみち)だけじゃない未来(みらい)
アレ(あれ)もコレ(これ)もで 面白(おもしろ)いだろう

いったい何(なに)ができるんだ
いったい何(なん)をしたいんだ
仆(ぼく)らは ちっぽけな挑战者(いどいくさしゃ)です
アメニモマケナイ(あめにもまけない) カゼニモマケナイ(かぜにもまけない)
自分(じぶん)だけのコンパス(こんぱす)持(も)って信(しん)じていこう
さあ ドア(どあ)を开(あ)けて

「ガンガン(がんがん) スピ(すぴ)一(いち)ド(ど)上(あ)げてんのに
どんどん迟(おく)れてる气(き)がするんだ」
「ちょっと力(ちから)を拔(ぬ)いて
そんなに焦(あせ)らないで」

「もがきもがいても上手(うま)くいかないし
なかなか答(こた)えが见つからないんだ」
「腹减(はらへ)ってきませんか?
美味(うま)いもん食べに行(い)きましょうよ!」
选(えら)べるよ デスティネ(ですてぃね)一(いち)ション(しょん)
磨(みが)いておけよ好奇心(こうきしん)
どれもこれもが 面白(おもしろ)いだろう

いったい何(なに)ができるんだ
いったい何(なん)をしたいんだ
仆(ぼく)らは 大胆(だいきも)な冒险者(ぼうけわしゃ)です
マヨワズイケヨ(まよわずいけよ) イケバワカルハズ(いけばわかるはず)
自分(じぶん)だけのコンパス(こんぱす)持(も)って信(しん)じていこう
さあ ドア(どあ)は开(ひら)いた

いったい何(なに)ができるんだ
いったい何(なん)をしたいんだ
仆(ぼく)らは ちっぽけな挑战者(いどいくさしゃ)です
アメニモマケナイ(あめにもまけない) カゼニモマケナイ(かぜにもまけない)
自分(じぶん)だけのコンパス(こんぱす)持(も)って信(しん)じていこう
さあ ドア(どあ)を开(あ)けて
さあ 进(すす)めいこう